お金を預金する

お金をいざという時のためや、目的のために貯金することは大切です。

消費税の増税が始まります。

 

給与明細をよく見ると、社会保障費や介護保険費などが以前よりも多く天引きされるようになっています。

 

また政府はデフレ脱却のために、インフレ政策を展開しています。

 

このような中でともすれば、お金の管理が難しくなり、貯金ができにくくなってしまいます。

 

 でも、いざという時に真っ先に必要になってくるのはお金です。

 

旅行に行きたいとか、おいしいものを食べたい、資格を取りたい、など様々な夢を実現するためにもお金は必要です。

 

そして、子育てや車や家の購入のためにまとまったお金が必要になるときが来るかもしれません。

 

 そのために計画的に貯金をしていくことが大切になります。

 

どうすれば貯金ができるか。それは支出よりも収入が多いと貯金ができます。

 

まずは家計簿をつけ、お金の流れはどうなっているのか確認します。

 

必ず毎月支出する家賃やローン保険など固定費で削れるものはないか検討してみます。

 

家計簿をつけるといろいろな支出の様子がわかります。貯金するために無理なく節約できるものは節約します。

 

また収入を増やすことを考えます。妻も働きに出るとか、空いている時間を利用してネットなどで副業をしたりするのです。

 

こうして貯金をして、そなえを充実させたり夢の実現をはかりましょう。